呼吸器の解剖 概要

呼吸器とは、、、

空気の通り道である上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)と下気道(気管、気管支、細気管支)とガス交換の場である肺胞で構成される。

いわば新鮮な空気と体で使った空気を交換する場所!

 

外呼吸と内呼吸

外呼吸とは肺で行うガス交換

内呼吸とは、各組織で細胞が行うガス交換

 

呼吸と拡散

 

 

気管・肺の特徴

写真

 

気管支は気管から左右に分岐する

右気管支は短く傾斜が浅い(約25度)

左気管支は長く傾斜が深い(約35〜45度)

※左側には心臓があるため新造を避けるようにして左気管支が位置している。

 

写真

肺は、右に3つ(水平裂、斜裂) 左に2つ(斜裂)は肺葉がある。

※左には心臓があり肺を圧迫しているため(心圧痕)

肺の上部を肺先部、横隔膜と位置する肺の底部を肺底部という。

 

 

胸膜

胸膜は肺実質と胸壁の内面を覆う漿膜のこと。

肺を覆う臓側胸膜と胸壁を覆う壁側胸膜の2つの膜がある。

※臓壁胸膜には知覚神経がない。

その膜の間には緩衝材として水分がありそれを胸水という。

臨床上肺炎など胸水が過剰に分泌されると胸膜炎やレントゲンで肺の下葉が見えなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です